menu

研究

研究

研究

研究

共同研究一覧

2015年(平成27年)〜2017年(平成29年)

研究代表者:鈴木晃仁

慶應義塾大学経済学部教授

課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業(実社会対応プログラム)〔研究実施期間:平成27年10月~平成30年9月〕
課題設定型研究テーマ『医学史の現代的意義―感染症対策の歴史化と医学史研究の社会との対話の構築』研究班

2010年(平成22年)〜2013年(平成24年)

研究代表者:中山健夫

京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻 健康情報学分野 教授

厚生労働科学研究費補助金(第2次対がん総合戦略研究事業)『国民のがん情報不足感の解消に向けた「患者視点情報」のデータベース構築とその活用・影響に関する研究(22093201)』研究班

2007年(平成19年)〜2009年(平成21年)

研究代表者:和田恵美子

大阪府立大学看護学部講師

文部科学省科学研究費「がん対策に特化した患者図書室における闘病記を用いた患者支援の実証的研究」研究班

2006年(平成18年)

研究代表者:石井保志

健康情報棚プロジェクト

国立情報学研究所 公募型共同研究 研究事項:連想計算を用いた情報アクセスの研究(担当:高野明彦)
研究テーマ:健康・医療情報の患者・家族のニーズに即した情報提供方法の研究

2005年(平成17年)

研究代表者:和田恵美子

大阪府立大学看護学部助手

平成17年度厚生労働科学研究費補助金若手研究(B)『中範囲理論を用いた看護におけるナラティブの実践基準開発』研究班

2004年(平成16年)

研究代表者:緒方裕光

国立保健医療科学院 研究情報センター

平成18(2006)年度 厚生労働科学研究費補助金(医療技術総合研究事業)
『患者/家族のための良質な保健医療情報の評価・統合・提供方法に関する調査研究』研究班

ページトップへ
ページトップへ